高野美夫さんからカルブラのお客さまに桃の花のメール便が届きました
25/Mar./2008

a0080535_16283857.jpg
高野農園(赤トンボ)をご利用頂きありがとうございます。安全 安心をテーマにお客様に喜ばれる、より良い果実を、ご家庭にお届けするように心掛けています。中国の農薬問題が食の安全についてテーマを投げかけました。赤トンボの会は日頃から真剣に食の安全について取り組んでまいりました。今は追い風になっています。

2月は記録的な寒さ、3月に入ってからは暖かく、山梨でも農産物が幾日進んでいるのか、分かりにくい年です。今は桜が二分位です。皆様お変わりありませんか 私共も元気で仕事に励んでいます。

果樹農家も忙しいシーズンになりました。桃の蕾積み(摘蕾)花を取る(摘花)摘果袋掛、収穫となります。今は摘蕾の作業に移りました。桃の花はとてもきれいです。満開は6〜13日頃です。盆地が一面ピンクのジュウタンを敷き詰めたようになります。ほんの一部ですが桃の花をメール便で送らせて頂きました。

昨年より2〜3日遅れ、このままいくと、桃の美味しくなるのは7月の上旬〜8月の初旬です。今年もよろしくお願い申し上げます。

赤トンボは農薬を減らすことに神経を注いでいます。農協では減農薬は掛け声だけです。高野農園(赤トンボ)は食の安全を基本に減農薬を実行しています。そして、未来は無農薬の方向に努めていきます。今後ともよろしくお願いします。
[PR]
# by calbrist | 2008-03-25 15:59 | 高野美夫
高野さんが画いた油絵【 高野美夫@山梨市 】
29/Sep./2006

a0080535_10241399.jpg■高野さんは果実農家を営みながら、実は絵を描く。高野さんが描く絵は近隣の果実畑の風景が多いが、これがまたたまらなく味がある素晴らしい絵だ。

■高野さんちの蔵は、ちょっとしたアトリエ兼ギャラリーで、毎年11月3日に収穫祭を開催し、素晴らしい作品を一般公開している。

■高野さんの作るモモが芸術作品のように美しく感じるのも、そんな高野さんの高尚な趣味によるところが大きいのかも知れない。
[PR]
# by calbrist | 2006-09-29 10:36 | 高野美夫
戸塚治夫プロフィール
21/Jul./2006

a0080535_14164361.jpg■プロフィール
生まれも育ちも山梨県大月市・1969年(昭和44年)生まれ・血液型B型・双子座・山梨県立都留高等学校

■趣味:野球
小学校2年生から始め、中学、高校、社会人(クラブチーム)と活躍。今でも同級生で草野球チームを作り活躍中。
都留高野球部では、あの小林雅英(現ロッテ)の先輩にあたる。

■もう一つの趣味:マラソン(ロードレース)
年間に7〜8大会参加。悩み事、考え事があるとき、ランニングをしている際にいい案がひらめくという。やめられません、ともいう。
次の大会の予定は、8月27日の「富士吉田火祭りロードレース」


■戸塚治夫よりメッセージ
平成12年11月、30歳で転職し、米酢の醸造家の道を選びました。先代の心を継承し、昔ながらの醸造法で手づくりにこだわっております。そうでなければ職人による高品質な酢造りが貫けないと思うからです。
私の仕事は製造ではありません。醸造です。菌は生きています。命あるもの心あるものです。なかなか私の好き勝手思うようにはなりません。季節ごとの気温の変化などを感じ、酢酸菌と対話しながらゆっくり時間をかけて、安全、安心、そして美味しい米酢を造っていきます。
我が酢の個性を失わぬよう、秘伝の米酢造りを忠実に継承していきます。
[PR]
# by calbrist | 2006-07-21 14:30 | 戸塚治夫
!カルブリストについて
甲斐モノサイトカルブラでは、ご紹介している商品のことを「カルブランド」、その生産者のことを「カルブリスト」と呼びます。
[PR]
# by calbrist | 2006-07-16 16:25 | カルブリスト
【calbrist INDEX】


高野美夫@山梨 大玉且つ極上甘美な「 桃 」を創造する果実アーティスト。
徹底した減農薬にこだわり、丹誠込めて育てられた山梨のモモの最も美味しいところをカルブラで販売します。

■山梨市の浅間白桃 [モモ]



丹沢佳世子@山梨 「 ネクタリン 」を生涯の伴侶と決めたMrs.ネクタリーナ。
木に愛情を注ぎ日夜研究開発を重ねた現時点での国産ネクタリン最高峰をカルブラで販売します。

■山梨市の黎明 [ネクタリン]



戸塚治夫@上野原 最上級の「 酢 」を追求する天然醸造の魔術師。
無添加天然醸造は当然として、心の酢は富士山バナジウム水仕込み。カルブラで販売します。

■甲州上野原の無添加天然醸造純粋米酢『心の酢』 [富士山バナジウム水仕込み]



小野曜@八ヶ岳 八ヶ岳の自然を情熱で焼き上げる田舎の「 パン職人 」。
八ヶ岳の自然を練り込み、丁寧に焼き上げた5種類の美味しいパンをカルブラでセット販売します。

■八ヶ岳のおいしい水で作ったパン [八ヶ岳ブルーベリーブレッドをはじめ5点セット]



鶴田寿一@牧丘 食品スーパーのバイヤーから転身、葡萄の王様「牧丘の 巨峰 」作りのパイオニア。
山梨といえば葡萄。葡萄といえば巨峰。巨峰といえば牧丘。日本一の巨峰の里「牧丘」産の一番美味しいところをカルブラで販売します。

■牧丘の巨峰 [葡萄の王様]


[PR]
# by calbrist | 2006-06-29 12:44 | INDEX
八ヶ岳の自然を情熱で焼き上げる田舎のパン職人 【小野曜@八ヶ岳】
26/Jun./2006

a0080535_16183916.jpg■田舎のパン職人「小野曜」の朝は早い。
八ヶ岳のおいしい水を使い、八ヶ岳の自然の恵みを練り込んだパン生地を丁寧にコネる。そして丁寧に焼き上げる。
八ヶ岳山麓の農家から仕入れたブルーベリー、太陽をいっぱい浴びた新鮮な卵、メイプルシロップ、小麦粉のアンサンブル。
パン工場は、香ばしいパンの香りで満ちあふれ、おいしいハーモニーが聞こえてくるようだ。

■ハーモニーといえば、小野さんの趣味はトランペット。自らを「田舎のパン屋のラッパ吹き」と称し、週に一度は若い仲間達とブラスバンドの練習に興じる。音楽と山歩きが大好きな「田舎のパン屋のラッパ吹き」だ。もっとも最近の山歩きはもっぱら〜カントリークラブみたいな芝生の山のようだが。

■ところで左の顔写真は、決してケーシー高峯ではない。
田舎のパン職人「小野曜」だ。信じて下さい。
[PR]
# by calbrist | 2006-06-26 16:17 | 小野曜
ネクタリンを生涯の伴侶と決めたMrs.ネクタリーナ 【丹沢佳世子@山梨市】
03/Jun./2006

b0082891_15492856.jpg■「あたし、ネクタリンと結婚したようなもんです。」
と笑う自称ミセスネクタリーナ丹沢佳世子さん。
実際のご主人、隆さん(現山梨県果樹試験場環境部長)は1969年ネクタリンの本場アメリカはカルフォルニア州に渡り農業実習を積む。
そのご主人の指導を受けながら、ネクタリンに魅せられ、ネクタリンと語り合い、ネクタリンを愛し続けて30年の丹沢佳世子さん。
今では山梨随一、日本でも屈指のネクタリン農場を営む。

■丹沢佳世子さんのネクタリン畑は、山梨県の中でもことさら甘くておいしいモモの栽培に適した土壌を擁する山梨市にある。「山梨といえば桃」これは衆目の一致するところだが、
丹沢さんの夢は、
「山梨といえばネクタリン」
「ネクタリンといえば丹沢農園」
「丹沢農園といえばネクタリーナ佳世子」

■もうすぐ当たり前のようにそう呼ばれる日が来ることでしょう。何故ならネクタリーナ佳世子は、ネクタリンの木と愛を語り合うことができるのですから。
[PR]
# by calbrist | 2006-06-03 15:36 | 丹沢佳世子
大玉且つ極上甘美な桃を創造する果実アーティスト。【 高野美夫@山梨市 】
12/Apr./2006

a0080535_2273280.jpg■24節気72候、啓蟄の中候のテーマは、桃始笑(ももはじめてわらう)といういかにも楽しげなフレーズだ。
桃の花が咲き始めるという意味だそうだが、「フルーツ王国やまなし」では、桃の開花は桜のあとの4月である。
そして露地物の収穫のピークは7月に入ってからである。
山梨にとって桃は、花と果実で1年に二度おいしい。

■山梨が何故「フルーツ王国やまなし」なのかというと、夏と冬、そして昼と夜の寒暖の差が激しく、雨が少ないという自然条件。
これは甘くておいしい果物づくりに最適なのだそうだ。

■そんな山梨県の中でもことさら甘くておいしいモモの栽培に適した土壌を擁する地域がある。
高野美夫さんのモモ畑がある山梨市だ。

■もうすぐ身延山久遠寺の枝垂れ桜が咲く。
塩山では慈雲寺の糸桜が咲く。

■それから山梨の特に峡東地区の桃畑は、文字通り桃源郷目眩く季節に突入する。
[PR]
# by calbrist | 2006-04-12 15:05 | 高野美夫
葡萄王国山梨における巨峰スペシャリスト 【鶴田寿一@牧丘】
31/Mar./2006

a0080535_178720.jpg■山梨市牧丘地区は、葡萄王国山梨の中でも「巨峰」の出荷量ナンバーワンを誇る日本一の巨峰の生産地だ。

■牧丘町は山梨県の北東部、縦に長い甲府市の北東に隣接する人口約5700人の町だ。
標高500m〜800mの南斜面の葡萄畑。四季、昼夜の寒暖の差、恵まれた自然環境と葡萄農家の勤勉さが「牧丘の巨峰」を日本一に押し上げた。

■以前はほとんどが養蚕業だった牧丘の農家は、その斜陽に伴い巨峰作りを研究し、巨峰の町へと大きく変貌を遂げた。
その牧丘にあって、鶴田さんの経歴は異色と言える。大手地方食品スーパーのバイヤーのキャリアを積み、青果、生鮮食品の流通知識を蓄積し、消費者の本物志向に完璧に応える「巨峰」を目指し、巨峰農家へと転身する。

■日々新しい農法を研究し、昔からの伝統の手法を見直し、鶴田さんの「日本一の巨峰つくり」へのチャレンジは永遠に続く。
[PR]
# by calbrist | 2006-03-31 14:09 | 鶴田寿一
最上級の「 酢 」を追求する天然醸造の魔術師。 【戸塚治夫@上野原】
10/Feb./2006

a0080535_1825271.jpg■昔ながらの製法でじっくり熟成。無添加天然醸造純粋米酢(富士山湧水バナジウム水仕込み)「心の酢」は、甲州上野原の戸塚醸造店代表戸塚治夫さんが丹誠込めて造っている。

■今日は、丁度タンクの中でブツブツとアルコール発酵真っ盛りの工場を訪れて、戸塚さんにご挨拶。
今月末には、約二ヶ月かかって酢もともろみが出来上がるそうだ。
アルコールのいい香りがタンクから立ち上っている。

■もちろんこの後、酢もともろみを富士山湧き水バナジウム水で割り、鹿児島から取り寄せたカメ壺に移し、約三ヶ月間の酢酸発酵が始まる。
平均三〜四ヶ月の熟成期間の後、出荷となる。
「心の酢」が出来上がるのに、都合九ヶ月という月日がかかるわけだ。

■今日は、戸塚さん自らラベルを貼ってくれた。
[PR]
# by calbrist | 2006-02-10 10:23 | 戸塚治夫










その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧