<   2006年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
【calbrist INDEX】


高野美夫@山梨 大玉且つ極上甘美な「 桃 」を創造する果実アーティスト。
徹底した減農薬にこだわり、丹誠込めて育てられた山梨のモモの最も美味しいところをカルブラで販売します。

■山梨市の浅間白桃 [モモ]



丹沢佳世子@山梨 「 ネクタリン 」を生涯の伴侶と決めたMrs.ネクタリーナ。
木に愛情を注ぎ日夜研究開発を重ねた現時点での国産ネクタリン最高峰をカルブラで販売します。

■山梨市の黎明 [ネクタリン]



戸塚治夫@上野原 最上級の「 酢 」を追求する天然醸造の魔術師。
無添加天然醸造は当然として、心の酢は富士山バナジウム水仕込み。カルブラで販売します。

■甲州上野原の無添加天然醸造純粋米酢『心の酢』 [富士山バナジウム水仕込み]



小野曜@八ヶ岳 八ヶ岳の自然を情熱で焼き上げる田舎の「 パン職人 」。
八ヶ岳の自然を練り込み、丁寧に焼き上げた5種類の美味しいパンをカルブラでセット販売します。

■八ヶ岳のおいしい水で作ったパン [八ヶ岳ブルーベリーブレッドをはじめ5点セット]



鶴田寿一@牧丘 食品スーパーのバイヤーから転身、葡萄の王様「牧丘の 巨峰 」作りのパイオニア。
山梨といえば葡萄。葡萄といえば巨峰。巨峰といえば牧丘。日本一の巨峰の里「牧丘」産の一番美味しいところをカルブラで販売します。

■牧丘の巨峰 [葡萄の王様]


[PR]
by calbrist | 2006-06-29 12:44 | INDEX
八ヶ岳の自然を情熱で焼き上げる田舎のパン職人 【小野曜@八ヶ岳】
26/Jun./2006

a0080535_16183916.jpg■田舎のパン職人「小野曜」の朝は早い。
八ヶ岳のおいしい水を使い、八ヶ岳の自然の恵みを練り込んだパン生地を丁寧にコネる。そして丁寧に焼き上げる。
八ヶ岳山麓の農家から仕入れたブルーベリー、太陽をいっぱい浴びた新鮮な卵、メイプルシロップ、小麦粉のアンサンブル。
パン工場は、香ばしいパンの香りで満ちあふれ、おいしいハーモニーが聞こえてくるようだ。

■ハーモニーといえば、小野さんの趣味はトランペット。自らを「田舎のパン屋のラッパ吹き」と称し、週に一度は若い仲間達とブラスバンドの練習に興じる。音楽と山歩きが大好きな「田舎のパン屋のラッパ吹き」だ。もっとも最近の山歩きはもっぱら〜カントリークラブみたいな芝生の山のようだが。

■ところで左の顔写真は、決してケーシー高峯ではない。
田舎のパン職人「小野曜」だ。信じて下さい。
[PR]
by calbrist | 2006-06-26 16:17 | 小野曜
ネクタリンを生涯の伴侶と決めたMrs.ネクタリーナ 【丹沢佳世子@山梨市】
03/Jun./2006

b0082891_15492856.jpg■「あたし、ネクタリンと結婚したようなもんです。」
と笑う自称ミセスネクタリーナ丹沢佳世子さん。
実際のご主人、隆さん(現山梨県果樹試験場環境部長)は1969年ネクタリンの本場アメリカはカルフォルニア州に渡り農業実習を積む。
そのご主人の指導を受けながら、ネクタリンに魅せられ、ネクタリンと語り合い、ネクタリンを愛し続けて30年の丹沢佳世子さん。
今では山梨随一、日本でも屈指のネクタリン農場を営む。

■丹沢佳世子さんのネクタリン畑は、山梨県の中でもことさら甘くておいしいモモの栽培に適した土壌を擁する山梨市にある。「山梨といえば桃」これは衆目の一致するところだが、
丹沢さんの夢は、
「山梨といえばネクタリン」
「ネクタリンといえば丹沢農園」
「丹沢農園といえばネクタリーナ佳世子」

■もうすぐ当たり前のようにそう呼ばれる日が来ることでしょう。何故ならネクタリーナ佳世子は、ネクタリンの木と愛を語り合うことができるのですから。
[PR]
by calbrist | 2006-06-03 15:36 | 丹沢佳世子










その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧