最上級の「 酢 」を追求する天然醸造の魔術師。 【戸塚治夫@上野原】
10/Feb./2006

a0080535_1825271.jpg■昔ながらの製法でじっくり熟成。無添加天然醸造純粋米酢(富士山湧水バナジウム水仕込み)「心の酢」は、甲州上野原の戸塚醸造店代表戸塚治夫さんが丹誠込めて造っている。

■今日は、丁度タンクの中でブツブツとアルコール発酵真っ盛りの工場を訪れて、戸塚さんにご挨拶。
今月末には、約二ヶ月かかって酢もともろみが出来上がるそうだ。
アルコールのいい香りがタンクから立ち上っている。

■もちろんこの後、酢もともろみを富士山湧き水バナジウム水で割り、鹿児島から取り寄せたカメ壺に移し、約三ヶ月間の酢酸発酵が始まる。
平均三〜四ヶ月の熟成期間の後、出荷となる。
「心の酢」が出来上がるのに、都合九ヶ月という月日がかかるわけだ。

■今日は、戸塚さん自らラベルを貼ってくれた。
[PR]
by calbrist | 2006-02-10 10:23 | 戸塚治夫
<< 葡萄王国山梨における巨峰スペシ...










その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧